SUPPORT PLAYER 応援する人・企業

Steve Burt

M&Aプレーヤー 小柴学司

大将:本田昌久

ブランドビルダー 江上隆夫

Maho カピティ・カレッジ留学生

Maho空を飛ぶ Private Pilot License Report

兄弟留学 R&T in NZ

タシデレックのサイトへようこそ。
タシデレックは志ある仲間を応援しています。

最新発言

合格 Human Factors(航空医学)

Human Factors(航空医学)の試験も無事合格することができました。

84%とりました。前回ほど良くはありませんが、合格は合格。

でも間違えた問題を全部克服したというのをインストラクターにチェックしてもらわないと、実技試験を受けることができません。

あれから3週間、今回は、Air Lawの勉強をしました。

空の法律です。

いろんなややこしいルールや規定を覚えました。

そして非常に退屈でした(笑)

試験は2日前の、9月8日に受けました。

時間が長く問題数も多かったので、これはきっと重要なんだと思います。

この筆記試験というのはインターネット又ははがきで申し込みができ、結果は受験日の約一週間後にオンラインで発表があります。

その一週間というのは、結果が出ていないのを分かっていながらもその結果報告のページをチェックしてしまう日々の連続です。

予約のタイミングは個人の自由なのですが、自分は予約をしてから勉強を始めます。
そうしなければ、きっと永久に勉強しないので(笑)

さて、フライト時間は更に増してきました。
今でDual時間は約43.3時間、Solo時間は7.6時間の合計49.9時間です。

Logbookは、3ページめがまさに終わろうとしています。
PPL取得の最低飛行経験まであと0.1時間なのですが、やっていないトピックもまだいくつかるしsolo時間ももっと必要です。

それにsolo飛行は、やっとサーキットの外でも最近心地よく飛べるようになったばかりだし、私はクロスカントリー(NZ内の、色んな空港まで飛ぶ)もしたいので、PPL取れるまで必ずやり通します。

絶対あきらめないという両親との約束です。

飛行経験を積んで上達したと思うのは、無線通信です。

最初のころは何を言うのかも、他のパイロットが何を言っているのかも分からず全く何もできなくで、インストラクターにまかせっきりでした。

でもサーキットでは決まったパターンのラジオコールをマスターしました。

その後のローカルトレーニングでも、初期はあたふたしてステーション名と航空機の名前までで精一杯だったものの、今ではそれ以降の、位置と高度とインテンションをほぼ感覚で言えるようになりました。

たとえばCessna152 ELAがテホロビーチの2マイル西で、これから空港に戻って滑走路34のサーキットに入ろうと試みている場合、

"Paraparumu Traffic, Echo Lima Alpha, two west Te Horo Beach, 2500feet, descending to 1000feet tracking to join downwind 34seal” と言います。

他のパイロットからの要求に答えられた時はうれしさ2倍です。

これから頑張ろうと思うのは、筆記試験といろんなスキルの復習です。
復習が終わらない限り、きっと次のレッスンに進みません。それからもちろん、ソロ飛行も。

今年が終わるまでにライセンス取得するのが目標です。

投稿者: masa 日時: 2010年09月11日 04:54 | パーマリンク

Mahoちゃん 飛行機のレッスンはじまる

maho_pilot.jpg


Kapiti College in NZ に留学中のMahoちゃんが

飛行機のライセンス PPL (Private Pilot License)取得にチャレンジします。

NZでは、16歳以上になるとライセンスが取得できます。

今度、NZに行った時には、飛行機に乗せてもらいたいですね。

>>>  こちらから

投稿者: masa 日時: 2010年09月11日 01:11 | パーマリンク

飛行時間はもう40時間・・・

またまた、久々の更新になりますが、フライトいい感じに進んでます。ほんの少しずつライセンスに近づいてきた気がします。

PPLをとるには、飛行経験最低50時間(そのうちソロ飛行10時間以上)と、筆記試験6つと飛行試験が必要です。

飛行時間はもう40時間くらいあるのですが、ソロ時間がまた2時間ほどしかないので

これからはソロの時間を増やしてと筆記試験を完成させていくつもりです。

observwer.jpg

先週の水曜日にその筆記試験のうちの一つの、Flight Radio Telephny Operator(FRTO)という試験を受けてきました。

これは、航空無線の通信士の資格です。

航空機(飛行機、ヘリコプターなど)の無線機器を、いつ、どこで、どのように扱うかを学びます。

問題は25問、四択で70%正解で合格です。2週間の休みを使って勉強した甲斐があって、

無事合格できました。23問正解の92%。満点では無かったのですが、とりあえず合格で来て一安心です。

今は次の試験に向けて勉強しています。Aviation Medicine、航空医学です。

人間の体が、航空環境でどのように変化するか、という学習です。試験は2週間後。それまでに頑張って参考書を制覇します。

3学期に入って新しい留学生がたくさん来たのですが、その中にJohannaというドイツ人の女の子に出会ったのですが、

なんとその子、ドイツのPPLを持っているそうです。その子も早速、Kapiti Aero Clubで飛んできたそうです。

まさかのパイロット仲間が居ました!!すごく刺激になるし、会話も弾むので楽しくて良いです。本当に嬉しい!!

投稿者: masa 日時: 2010年09月01日 15:23 | パーマリンク

別れ 6月11日 金

今日は朝からフライトです。放課後飛びに行くのも好きなんですが、

この季節5時には薄暗くて急いで家に帰らないと危ないし

放課後より朝の方が(空が)混んでなくて飛びやすいと思い

時間は短くなるものの平日朝フライトを始めました。

今日は、なんと雨の中のフライトでした。

飛ぶ前からホント、雨が降りそうな感じで

大丈夫かな、と思ってたんですが、

Nickに、「まぁ行こう!」と言われたので

行くことになりました。

雨の中のフライトは、視界が悪く、

霧っぽくてほとんど何も見えませんでした。

でも今日はLandingが上手くいって良かったかな。

地上に戻ってフライト量を払い次のレッスンの予約をする時、

大変なことを聞きました。

かのインストラクターJosefが、もうここにはいないのです。

放課後も週末もよく一緒に飛んでくれて、

先日はソロも飛ばさせてくれたし、

尊敬すべきインストラクターの一人だったのに

何も言わずに転勤なんて、、ショックそのものでした。

学校に着いたらとりあえず携帯メールでお礼をいい、

それでもまだ物足りないと思い、家に帰ってから電話をしました。

するとおそらく、彼は遠く離れたオーストラリアのダーウィンに行くそうです。

私には伝えたつもりだったそうですが..記憶にないです。

聞き逃してしまったのかな。しかし、

電話を通してだけど、ちゃんと言葉で感謝の気持ちと別れを告げることができ

気分が晴れました。

人はそれぞれの道をゆき、別れは必ず訪れるんですね。

彼がもういないのは、ホント寂しくて仕方ないのですが、

寂しいのは、clubのみんなもきっと同じです。

それに彼がいなくても、Nick, JamesにQuentin、そして

彼ら以外にも支えてくれる人はたくさんいます。

もう彼と飛ぶチャンスはもしかしたら二度とないかもしれませんが、

それでもフライトを通して彼に出会えたことは最高の思い出です。

彼とは、これからも連絡をとるつもりです。

いままでお世話になりました、お疲れ様。

これからはもっと頑張る。

また一緒に飛べることを願い...

投稿者: masa 日時: 2010年06月11日 13:08 | パーマリンク

特別な一日

2010年6月5日土曜日  

今日は朝からフライト。時刻は朝の8時。やっと空が明るくなってきた頃。
今日のインストラクターは、Josef。時間にルーズな彼は今日も遅刻(笑)
すべてチェックを終わらせて飛ぶ準備ができたのは8時45分でした。

いつもフライト時に手にしていた「Pilot's Note」は、今日から手放すことに決めました。
いちいち見ながらチェックをしていると時間がかかってしまうので、
昨晩ほぼ頭の中に詰め込んだ甲斐もあり、時間を無駄にすることなく順調にチェックが進みました。

飛行機はなかなか、暁を覚えません。
なので朝は燃料を多めにパンプして、パワー全開で飛行機を起こします。
窓には結露がどっぷり。今日はおまけに霜も。タオルで拭かないと前が見えません。
朝からフライトもなかなかいいけど、上記に含め
燃料補給、(飛行機を地面に固定する)ロープの片付けなど朝は面倒くさい手入れでいっぱいです。
それから、寒い!!

かのLogbookによると、初めてサーキットを飛んだのは3月9日。
その頃はあまり、何をして良いのかもわからず、インストラクターの言うままに操縦していましたが、
今ではチェックも含め、気象情報を聞き取り、正しい滑走路を選び、ラジオコールをし、離陸着陸も
完璧ではないものの自分でできるほどになりました。

今日は合計5周。
そのうちの最後の1周はそう、記憶に残るべき重大事だったのです。

なぜかというと、4周目が終わった時点でTouch and Go(着陸してまた滑走し離陸)のはずが、
Josefは飛行機を止めて、タクシーウェイに飛行機を戻しながらこんなことを言いました;
「健康診断も英語能力試験も通ったよね、じゃ今から1周一人で飛んできたら?」

まさかの、初ソロフライト許可が降りたんです。
あまりに突然でビックリしましたが天気は最高、調子も良かったので
ためらわず'Yes'を返しました。

18分のソロフライト、この自分にはまるで10秒ほどの一瞬でした。
パイロットが一人ならこんなにパワーいらなかったんじゃないかな..
それに、規定のaltitude(高度)をオーバーしてしまったりなど、
当然上手くは行かなかったものの、とにかく無事に帰ってこれただけで
ものすごい達成感に満ち溢れました。

オフィスに戻ると、ソロ飛行のことをしった人全員、

訪問者インストラクター関係なく「おめでとう」の言葉をもらい、

本当に感謝でいっぱいでした。

ログブックの「Pilot in Command(メインのパイロット)」の欄には

インストラクターの名前「J.Keller」の代わりに「self(自分)」、

「Student or Co-pilot」の欄は空白、「Details of flight(フライト内容)」

の欄には「1st Solo(初ソロ)」。しかも赤文字。

右のページには、First Soloの証明シールを頂き、特殊感満載です。

005%20b.jpg
【初ソロフライトの証明ステッカー】

一番良く一緒に飛んでくれるインストラクターのNickが今日いなかったのは

一番残念でしたが、Josefが彼に電話をつなげてくれて、

ソロフライトのことを話すと、またひとつ「おめでとう」と言われ、

今日は帰ってからも笑顔が絶えませんでした。

しかし、彼には見ててほしかったなぁ。

とにかく、たかが一瞬のソロフライトかもしれませんが、

私にとっては限りなく印象的でした。

また一歩、ライセンスに近づいた気がします。

投稿者: masa 日時: 2010年06月07日 01:11 | パーマリンク

Formal Language Evaluation

先日、パイロットライセンス用の英語能力試験を受けてきたのですが、

正直できがホントだめで、気分が激沈してレポートどころじゃなかったです。

学校の朝のホームルームが終わってから自転車でHELIPROに向かい、

遅れるまいとおもい、20分前に到着してしまいました。

試験管の方はフレンドリーな女の人で、試験が始まるまで喋って、

アドバイスをいろいろくれました。

専門的な難しい質問が出題されても、試されてるのは英語能力だから

答えは正しくなくていい、大きな声でゆっくりはっきり喋る、などなど。

テストは20分程。最初の10分は電話越しで試験管と会話をしました。

フライトトレーニングをうけている理由とか、その背景についえいろいろ聞かれて、

多少誤解があったものの、なるべくたくさん喋り続けました。

そして次のセクション。今度は人ではなく、録音された質問に、

制限時間内に答えるのが課題。このセクション、これまでにない地獄でした。

問題を正しく聞き取ったかどうかもわからず不安、頭が真っ白になるし、沈黙..

受験料$246がもう、チャラになったと思ったけど、

失敗あってこその成功!$246で合格へのヒントを買ったつもりでいました。

しかし、週末オンラインで結果を見たところ、

なんと有難いことに'Pass'のサインが出ていたんです。

採点基準は発音、文の構成、流暢さ、語彙力、理解力、反応速度の

六つのカテゴリーに分かれ、発音、流暢さ、反応速度で6点満点をとり、

残りの3つは5点ということで、総合成績がLevel6中Level5という予期せぬ好成績でした。

日本にも航空英語能力試験という、これと同じ資格の取れる

国家試験があるようですが、それは6万円近くするらしいです。

NZでは先ほど述べたとおり$246、日本円で約1万6千円です。

自分はLevel6をとる自信がなかったので

Formal Language Evaluationを選びましたが、

もうひとつ、最高峯のLeve6だけに挑戦する自信があるなら$99の

Level6 Proficiency Demonstrationというのもあり、

日本円で6千5百円程度です。合格すれば問題ないんですが、

それに落たらグレード何もはもらえず、高い方のを受けなおさなければなりません。

このLevel5はこれから6年間有効です。

ちなみに言うと、Level4は3年間有効、Level6は永久に有効です。

だから、6年後にはまた、同じ試験をうけていることでしょう。

次回はLevel6狙います。

投稿者: masa 日時: 2010年05月24日 01:10 | パーマリンク

トータル飛行時間は約18時間

今日は23回目のレッスンで、前に紹介したPilot's Logbookも

やっと一ページが埋まりました。トータル飛行時間は約18時間。

3月4月はいろいろ忙しくフライトがほとんどできずに

正直、レッスンがいまくいかずスランプに陥っていましたが、

5月から仕切り直していっぱい飛んで、しかもかなり好調です。

PPL取得にはペーパーテストもあり、まだまだ遠いかもしれませんが、

ソロ飛行への準備は整いつつあります。

一週間くらい前にMedical Certificateを取得しました。

それはどんなかというと、診療所に健康診断を受けに行って、

そのあと別のところで心電図を受け、また別のところで血液検査を受けに行って

すべて正常なら、Civil Aviation Authority of New Zealandという、

ニュージーランドの航空局からもらう健康証明です。

これがないと、ソロ飛行はもちろん、ライセンス取得も不可能です。

あとは、自分はEnglish Speakerではないので、英語能力試験が必要です。

水曜日に、HELIPROというヘリコプタークラブのオフィスで受けてきます。

しかも朝の10時から...学校をサボらなければ。

これは全部で6レベルあって、4以上取ればソロへの準備が整います。

今日のサーキットは、今までで一番いい感じでした。

TakeoffもLandingも(まだ完璧ではないが)上手くいき、

Niickの反応もよかったです。空が本当に綺麗でした。

でも、ソロはまだちょっと怖いなぁ。


今までは土日は全く飛んでなかったけど、今月から土日もフライト始めました。

今はNickのほかにも、Josef, James, Quentinなど、

いろんなtutorさんたちと飛んでいます。空港の人たちはみんな、

明るく面白くて、すごく楽しめます。

自分がフライトレッスンをしているのは

Kapiti Collegeのホームページにも乗っているのですが、

これを見た新聞記者さんが、

なんとわざわざ学校までインタビューしに来ていただき、

先日このNZでのフライトレッスンが、

'Sky Hish Study'というタイトルで

Kapiti Observerという地域新聞の記事になりました。

ありがとうございます!


001%20b.jpg
【新聞にのった記事】

投稿者: masa 日時: 2010年05月17日 01:09 | パーマリンク

飛行機でサーキット circuit ?!

こんにちは、ずいぶん間が空いてしまいましたが..フライトレポートです。

今日は朝の10時かフライトに行ってきました。

3月は忙しくてあまり飛べなかったので、久々のフライトでした。

先月の終わりから、別のtutorとも一緒に飛ぶようになりました。

彼の名はJosefといい、Nickと同じくらい教えがいいです。

今日は'circuit'というトレーニングをしました。サーキットといえばレースみたいに聞こえますが、

ぜんぜんそんなんじゃなくて、runwayの上空らへんをぐるぐる回りながら、離陸と着陸を繰り返します。

Kapiti aero clubのrunwayは一本で、片端を16、もう片方を34と呼び、

風の向きによってどっちから離着陸するかをきめます。

ちなみに、飛行機は常に、'into wind';風に向かって離着陸します。というのは、

飛行機が飛んでる時いつも、前から後ろに向かって気流があるから、

それに逆らって風と同じ方向に飛ぶのは良くないようです。それに、風にむかっての着陸は、

風と同じ方向に着陸したときよりも、着陸ごのrunwayでの滑走距離がずいぶん短くて済むそうです。

要するに、速くとまれるんです。

風の方向は、空港内にある、オレンジのこいのぼりが知らせてくれます。

circuitは、今までやってきたtrim,straight and level, stallingなどのスキルが必須です。

今日は4~5回まわってきました。

ソロ飛行は16歳から可能なんですが、そのために簡単な健康診断が必要です。

で、月曜日にその健康診断にいってきました。

診断内容はVISA用の健康診断とは全然違って、もっと感覚とか反応を重視したものでした。

呼吸テスト、視力検査、カラーブラインドのテスト、目をつぶって歩いたり、いろいろと面白かったです。

視力検査は、日本みたいにCがいっぱいあるのじゃなくて、アルファベットがピラミッド型に書いてあるのを読むみたいな感じでした。

近くの文字をみる視力は、本をよんで検査されました。

結果、「飛ぶときは眼鏡をつけてとぶように」とのこと。PPLなら眼鏡飛行は可能らしけど、

CPLという、Commercial Pilot Licenceでは却下だそです。PPLで良かった。

あと、血液検査と心電図に行かないといけません。

それから、英語が第一言語じゃない人は英語の試験もいります。それは電話で話すだけなですが、結構高いんですよね...

そして全ソロパイロットに必要なのが、Flight Radio Telephone Operatorの資格です。

この二つの試験に向けても、今勉強中です。

投稿者: masa 日時: 2010年04月29日 03:50 | パーマリンク

難しくなってきました【復習】。2010.02.25

今日は、いままでの復習をしました。

それから最近、いろいろと自分でやることが増えてきました、たとえば

Pre-flight checkからShut downまで、今までnickがやってきたけど、

今日は本みたいなのを渡されて、航空機のチェックを読み上げてながら一緒にやりました。

離陸前のコールも、nickがしていたけど、今回から自分がすることになりました。

機内にいるときはヘッドセットをつけていて、

何もせずに普通に話すだけで、スカイプみたいに機内のパイロットとコパイロットで会話ができます。

でも、ハンドルに付いているボタンを押して話すと、

陸上のオフィスと、その時点で飛んでいるすべての航空機に聞こえるようになります。

それで、ボタンを押して言うのは、自分がどこで何をしているかと、これからどうするか。

たとえば、離陸前は、

Paraparaumu Traffic, Juliet India Alfa, at the Aero Club, taxiing for runway 34

(パラパラウムトラフィック、JIAは、エアロクラブにいて、滑走路34に向かって移動中)

JIAというのは飛行機の名前で、ジェーアイエーと言わずに、ジュリエット・インディア・アルファといいます。

すべてのアルファベットにコードがあって、たとえばELAなら、Echo Lima Alfaです。

同じ所で2機以上飛ぶのは非常に危ないので、誰がどこを飛んでいるのかをしっかり聞きとるのもパイロットの仕事です。

行き先がかぶったら、どちらかが変更しないといけないので、そういう時はボタンを押しながらその、

ほかの飛行機にのっているパイロットと会話します。

でも、ヘッドセットから聞こえる声は、ザーザーしてて少し聞こえにくい。

今日nickに言われたことは、最初の方のレッスンでは結構調子良かったけど、

最近コントロールがだんだんとれなくなってきてるだって。

ためらわずに操縦するように言われました。頑張ります...

PPLをとるには6つ筆記試験があるのですが、

そのうちの一つの一番簡単なフライトラジオの試験をそのうち受けます。

だからいまテキストを読みながら勉強中です。

レッスンではブリーフィングと飛行しかないので、その試験対策はしてくれません。

大変そうです。

投稿者: masa 日時: 2010年02月26日 18:01 | パーマリンク

レポート No.4&5 " Medium turn " 2010.2.20

今日で五回目。

というか、最近天気が悪いので、3日に一回くらいの割合でしかとばせません..

今日のトピックは、Medium turn。

一定の角度、高さ、スピードで360度ターンをします。

これは、いままでの中で一番難しかった。

右に曲がるときは、右にrollすると同時に右のrudderをふみます。

rollすると、外側のwingの方が速くなるので、機体が内側に転がってしまうので、

そうならないように注意が必要。左も一緒。

やっているあいだは、altitudeとかangleのメーターを全部隠されるので、

全部360°回転してから、回る前と同じ状態かどうかを確認することででき前が分かります。

できは悪くなかったけどちょっと角度が急すぎっていわれた。

ちなみに、第四回はStraight and Levelといって、

上昇また下降した後に機体をまっすぐに保つ練習をしました。

上昇するときはまず、powerを増やしてから、altitudeを増します。それから

機体をまっすぐに保って(上昇も下降もしないように)、trimをします。

これはなかなか得意かも!!とか思いました。ほぼ完璧にできました。

PPLをとるので、学校を早引きとかしてレッスンを受けに行く許可がおりました。

もちろん学校の先生からもokをもらってます。

ということで、今日は3時半に学校が終わるのを、2時45分に早引きして

3時からレッスンにきました。帰りが遅くならなくて便利です。

投稿者: masa 日時: 2010年02月21日 01:25 | パーマリンク